WOKA LAMPS VIENNA
WOKA GALLERY VIENNA

ヴォ カ・ランプス・ビエンナ – ヴォ カ・ギャラリー・ビエンナ

ユー ゲント・シュティール、ウィーン工房様式、デザイナーと建築家による設計デザイン – ハンドメイドの複製高級ランプ・照明器具 – 19~20世紀のオリジナルアンティークと芸術品

みなさまにヴォカ・ランプス・ビエンナの業界における特別なポジションをご理解いただくため、工芸美術の歴史的発展を手短にご紹介いたします。

歴史主義
20 世紀に至るまで、建築とデザインにおける形態言語は伝統を重んじ、特に装飾術における表現手段は、伝統的な芸術様式のみに従うものでした。

19 世紀の終わり頃になると、進歩的な芸術家たちが、そうした保守的な美のあり方に反感を抱き、抵抗し始めました。彼らは、ゴチック、バロック、ルネサンス、 アンピール様式などは、すでに時代遅れであり、近代ヨーロッパ精神を表現するスタイルではないと主張しました。

近 代工業化に伴う大量生産に対抗して、世界各地に工芸美術保護を目的とした 工 芸美術学校 が 設立され、アー ツ・アンド・クラフツ運動

が広まりました。.

1900年頃、ベルギー、フランス、イギリス、オーストリア・ハンガリー帝国に、これまでの伝統芸術様式とオリ エンタル的な要素、特に自然とその限りない形態の多様性が交じり合った、「花模様」 の ユー ゲントシュティール が 誕生しました。

第 14回 ゼ セッション(ウィーン分離派) 展 覧会(1902年)以降、ウィーンの芸術家たちは、近代芸術への一歩を踏み出し、彼らの極端に過激な独自性が社会にアピールされました。

キュー ビズムという概念は、1907年にパブロ・ピカソが誕生させた新芸術様式としてはじめて美術史に言及されますが、ウィーンの建築家 ヨー ゼフ・ホフマン 

は、すでに1902年にキュー ビズム的彫刻 を創出しており、これは、まさにウィーン芸術家のもつ独自性を象徴している事実といえるでしょう。

1903 年に ウィー ン工房 が 創設され、新しい様式としての 「ウィー ン工房様式.

ウィーン工房様式は、アヴァンガードな芸術性を備え、時代を超越したスタイルであり、20世紀の建築家及びデ ザイナーの世代に大きな影響を与えました。

バ ウハウス, 1920 年~1940年のアメリカにおけるアート・デコ 1940~1960 年頃のスカンジナビアデザイン及び1960 年~1980年のイタリアデザイン は、 この ウィー ン工房 の 影響を強く受けています。

伝 統ある ウィー ン工房 -の 卓越したデザインと品質をもつモデルは、ウィーンのヴォ カ・ランプス・ビエンナ に より、オリジナル道具を使った ハ ンドメイド で 仕上げられています。

照 明器具は、 取 扱専門店 に より世界各地に提供され、インターネットで購入可能です。 

1900 年から現代に至るまでのアンティーク品と芸術品の数々が、
 カ ロリンスキー・コレクション
でご覧頂けます。

照 明器具本体 

は、様々な伝統様式(ゴチック、バロック、ビーダーマイヤー、マリア・テレジア、ポーランド、フラマン)のオ リジナルモデルを元にハンドメイドで製作されています。

当 社ヴォカ・ランプス・ビエンナもバッ クハウゼン、ロブマイヤー、アウガルテン、ヴィットマンなどの伝統メーカーとともにウィー ン商工会議所認定の ウィー ンプロダクツに 加盟しています。

WOKA LAMPS VIENNA

展 示会場 は、ウィーンの中心地、バロック様式で建てられたPalais Breuner(パレ・ブロイナー)にあります。住所:A-1010 Wien1, Singerstrasse 16, Tel.: +43-1-5132912, Fax.: +43-1-5138505